出会い系サイト業界の真実を語っていこう。

これなら心配ない!安心して使える出会い系サイトの3つの条件とは?

anzen_00

「安心して使えるような本当に安全な出会い系サイトはあるのか?」

出会いを求める多くの人達が昔からずっと疑問に思い、探し続けている危険な目に遭う事の無い出会い系サイト。私もずっと探し続けてきた。果たして本当にあるのだろうか?

結論から言えば、安全な出会い系サイトはある。ただ、世の中の出会い系サイト全体の割合から言えば相当少ない数にはなってしまうことは確かだし、適当に登録したサイトが安全である可能性は非常に低い。もっとはっきり言うならほぼ無理だろう。

安心して使える出会い系サイトに登録したいなら、安全である条件をきちんと知る必要がある。その基準は「なんとなく」ではダメだ。「間違いなく」と言い切れる条件の知識を持ち合わせていなければ、悪質サイトに登録するという過ちを犯すだろう。

今回は私が出会い系サイトを選ぶ基準として絶対に外さない【安心して使える安全な出会い系サイトの3つの条件】をお伝えしよう。

①警視庁からきちんと許可を貰っている

出会い系サイトを運営するには、警視庁から「よし。運営していいぞ」と許可を貰わなければならないと定められている。それは例外なくどんな出会い系サイトでもだ。

まず【インターネット異性紹介事業】の届出を出し、受理される必要がある。開設者の身分証や誓約書などを審査したうえで許可が下りるシステムだ。

次に【第二種電気通信事業】の届出も必要だ。簡単に言うとインターネットを使って事業をする際に必要な許可だ。この資格は総務大臣から「OK」が出なければ許可は下りない。

つまりこの2つの許可を正式に貰えなければ出会い系サイトを運営することはできないのだ。警視庁と総務省の審査を通過し「おたくの会社は出会い系サイトを運営して良し」と判断されて、はじめて正式に運営できる。

悪質出会い系サイトのほとんどはサイト上や会社説明にこの2つの情報は99%載せていない。というか許可を受けていないから、届け出受理番号を持っていないのだ。

安全な出会い系サイトは必ずサイト上にこの2つの情報を載せている。私は必ずチェックし、許可を得ているサイトしか使わない。なぜならその条件が安心して使えるサイトの絶対条件の一つだからだ。

②機械システムだけの安全管理ではなく有人のサポート体制もある

「どれだけトラブルを未然に解決してくれるか?」という条件は安全な出会い系サイトには必要だ。しかし、それだけで本当にじゅうぶんだろうか?機械のシステムで【禁止ワード】や【NGな文章】をあらかじめ決めて、その言葉は書き込むことができないようにすることはもちろん重要な安全管理だと思う。

だが、万が一それだけでは解決できない悩みやトラブルに遭遇し「誰か!」と助けを求めたくなった時に専任コンシェルジュやサポートセンターに人がいれば、なお安心ではないだろうか。私はそう感じているので必ず有人サポートをしている出会い系サイトを選ぶようにしている。

それでこそ本当に安心して使える環境が整っていると思うし、出会いを探すことに集中できる。機会による安全管理と有人サポートをダブルで行っている出会い系サイトは、利用者の安心をきちんと考えているとも言えるだろう。

そのユーザーを大切に想う気持ちを持っている出会い系サイトに、悪質なサイトは無い。私はこれまでの経験でその事を強く実感している。だから【有人のサポート体制】のあるサイトも安心して使える出会い系サイトの重要な条件なのだ。

③未成年(18歳以下)の利用を断固として禁止している

出会い系サイトで犯罪に巻き込まれる被害者の9割以上が未成年という事実をみなさんはご存じだろうか?成人が出会い系で被害に遭っている人は極少数というデータを警視庁のサイトでみればわかって頂けるだろう。

つまり出会い系サイトで多く被害に遭っている未成年の利用を断固として禁止しているサイトも利用であれば、被害者になる可能性は極めて低いのである。もちろんゼロとは言わないが、自ら誤った使い方(援助申し込みや金銭絡みの出会い)さえしなければ、心配に値しないだろう。

悪質サイトは年齢確認を厳格に行わず、会員数さえ増えれば構わないと考えているもの。なので悪質サイトには未成年が潜り込んでいるのだ。本当ならば法律で【未成年は出会い系サイトを利用してはならない】と定められているから、出会い系運営者は登録の際に年齢確認をするの義務がある。

年齢確認を行っていない、もしくは行っているフリをしているサイトは安全じゃないし、安心して使えるとは到底言えない。だから私は年齢確認を厳格に行い、徹底して未成年者の利用を禁止している出会い系サイトを必ず選んでいる。

安心して使える安全な出会い系サイトの基準として【未成年(18歳以下)の利用を断固として禁止している】という条件もまた絶対に外せない判断基準のひとつなのだ。

安全な出会いサイトまとめ

  • 総務省と警視庁から運営許可が下りている
  • 人によってサポートして貰える
  • 年齢確認を行い、絶対に未成年が利用できない

これが私の考える【安心して使える安全な出会い系サイトの3つの条件】だ。

巷では「会員数が多ければ多いだけ安心」「運営年数が長ければ大丈夫」という意見もあるが、もちろんそれらも安全な基準としては有効だろう。しかし【根本的な安全】を考えればちょっと物足りないと私は感じてしまう。

いくら会員数が多くても国からの許可が無ければ決して安全とは言えないし、運営歴が長くても絶対健全とは言い切れない。そう考えてしまう自分を「なんて用心深い人間だ」と思うが、出会い系サイトを選ぶにおいて用心深いに越したことはない。

「条件を満たした出会い系サイトを探すのが面倒くさい」「自分で見つける自信が無い」

そんな人にはハッピーメールがおすすめだ。以下の記事にハッピーメールについて詳しく説明しているから参考にして欲しい。

happy_00私が「ハッピーメールは優良だ」と言い切れる理由
ハッピーメールは世間から特に【優良】と評価されている出会い系サイトだ。また、ハッピーメールはまだインターネットが世間に広まっていない時代からネットを通して人...

用心に用心を重ね「本当に安心して登録しても大丈夫なサイトなのか?」と問い続けることは、決して間違いじゃないし「だからこそ優良な出会い系サイトに辿り着けたんだ」と感じる。

今回伝えた条件が、みなさんの「どの出会い系サイトが安全なの?」という疑問の手助けになれたなら幸いだ。

関連記事