出会い系サイト業界の真実を語っていこう。

本当に出会える!優良出会い系サイトの3つの条件

yuro0

優良サイトを見極める

これまでいくつの出会い系サイトに登録しては使い込んできただろう。10年以上前から数えるのも面倒なくらい試してきた。優良なサイトもあれば悪質なサイトもあった。

最近は本当にまともな出会い系サイトが増えたとしみじみ感じている。昔は9割以上は罠のある出会い系サイトばかりで「登録しなきゃよかった」と良く後悔していた。

そんな経験から今では出会い系サイトを決める際の良し悪しはほぼ完ぺきに身についているから、登録先に失敗することは100%なくなったと考えれば悪い経験ではなかったと思う。

そんな私が今回は絶対に外れない優良出会い系サイトの基準に関して3つお伝えしようと思う。出会い系サイトの登録判断に悩んでいる人がいれば、ぜひ活用してもらいたい。

①会員数500万人以上は絶対条件

私が一番最初に「優良かどうか?」を判断する基準として優良出会い系サイトの絶対的条件は会員数の多さだ。出会い系サイトの命と言っても過言ではないくらい重要な条件。

いくら安全であろうが、どれほど機能が充実していようが、人がいなければ出会うことはできない。きっかけも無ければチャンスも無いのだから。

5年くらい前の私なら「300万人以上の会員がいるサイトは有料の可能性が高いよ」と公言していたけど、最近は300万人くらいじゃ「良いんじゃない」とはすすめなくなった。

勘違いしないでほしいのは「300万人じゃダメだ」と言ってるのではない。出会い系サイトで会員数300万人集めることは至難だし、立派だと思う。ただ今の時代、さらに会員を集めているサイトがある限り「優良の中の優良」とは言えないんだ。

その基準が500万人以上。日本でこの会員数の壁を越えている出会い系は数えるくらいしかない。

だから不可能な数字じゃないし【飛び抜けて優良】という称号を手に入れるなら必要な条件なんだ。単純に会員数が多いサイトは「安全だから」「出会えるから」「評判が高い」「口コミが良い」という条件をクリアしているからこそ成せる。

そして何よりも多くの相手を候補として探せるし、好みや目的に合った異性とのチャンスが比例して増える事は言うまでもない。結果的に出会える可能性が飛躍的に高まる。

【会員数500万人以上】という条件は優良出会い系サイトの基準として絶対に外せないし、私が登録先を決める時も必ずチェックしている基準の一つだ。

②目につく広告を打ち出している

次に「どれだけ人目につくような広告の出し方をしているのか?」というポイントも私は優良サイトかどうかを判断する上で気にかけている条件だ。

シンプルに考えて欲しい。「会員を騙して、お金を奪ってやろう」と考えている出会い系サイトが渋谷のど真ん中に看板を出しているだろうか?またGoogleの広告を使い、目立つ様な広告を打ち出しているだろうか?

そんなはずはない。単純に考えればわかる話だけど、悪質サイトを運営しているのに目立つ様な事をしたら捕まってしまうから。自ら「捕まえて下さい!」と言ってるようなもの。

だから悪質サイトは目立った広告を出さない。私が過去に引っかかった悪質出会い系サイトの手法は、アダルト動画に隠しリンクを仕掛け、うかつにも踏んでしまったため騙された。

このように悪質サイトはできるだけ目立たぬようトラップを仕掛けているのが特徴。逆に優良サイトは街中だろうが人気サイトに出る広告だろうが、とにかくできるだけ人目につくような広告を出している。

私は都内に住んでいる。新宿や渋谷によく出かけるが至る所にドカンと出会い系サイトが広告を出している。

優良サイトはインターネットの広告でも良く見かける。見つける名前はほとんど私も使っているサイトばかり。健全に運営してるからこそ広告審査もパスできるわけだ。

つまり「まだってなんぼ」という姿勢の出会いっ系サイトは極めてクリーンな運営をしているケースがほとんど。悪質サイトほど隠れたがる。

だからこそ【目につく広告を打ち出している】出会い系サイトは優良が多いし、私はこの基準を重要な判断材料にしている。

③女性は完全無料で男性は有料の料金設定

出会い系を使っている男女比をご存じだろうか。大方予想はつくと思うが、圧倒的に男性が多い。各サイトによって比率はまちまちだが、どれだけ優良サイトであったとしても女性会員のほうが多い出会い系サイトは見た事が無い。

なので優良サイトは「女性会員を増やそう!」という戦略をとる。最も効果的で優良サイトの多くがとっている戦略は【男性有料・女性完全無料】という料金システムだろう。

こうすることで女性のハードルを下げ登録率をあげながら男性会員とのバランスを取る。男性も無料じゃバランスが取れないので。

だから私はアダルトを前面に押し出すような広告を打っているサイトは信用してないし、使わないと決めている。なぜなら何もしなくても男性会員は集まるはずなのに、男性をターゲットにしている出会い系は怪しいと考えているから。

優良サイトはできるだけ女性会員を増やす努力をし、悪質サイトはできるだけ男性会員を増やそうと必死になっている。男性をカモにするために。

だから私は完全無料の出会い系サイトは使わないし、見向きもしない。以前使ったことはあるが、良い思い出も無いので。それ以来、無料出会い系サイトは登録しないと決めた。

結果的に今では【女性は完全無料で男性は有料の料金設定】である出会い系しか使ってないし、私の知る優良サイトのすべてはこのシステムで運営されている。

出会い系選択を失敗しないために

私は以上3つの条件が全て当てはまるような出会い系は【優良】と判断し、使うことにしている。今のところこの基準に当てはまるサイトで被害に遭った経験が無いから。

出会い系サイトのチョイスで失敗しないように、みなさんも参考にしてもらいたい。

関連記事